• vivomusic5

ソルフェージュとは②

最終更新: 4月13日

さて、前回の続きで、私がソルフェージュを大切にしているワケ。



私が『ソルフェージュ』として本腰入れて勉強し始めたのは中1の時。当時のピアノの先生に紹介していただき、連れて行っていただいた教室が運命の出会いとなりました。



最初の体験レッスンの感想は

「…みんな、宇宙人だ。」

グループレッスンだったこのレッスン、周りの人は課題を淡々とこなし(ように見えた)自信に満ちて作品に取り組み(ように見えた)音楽を楽しんでいる。


一方私は

最初の楽典のテストは約40点

楽譜を見てすぐ正確に歌えない

初見演奏は片手ついていくのが精一杯

聴音は書き取るスピードが追いつかない

伴奏は何を付けていいか、コードってなに弾くの?!


…という状態。

それまでほぼ感性だけで演奏していた私にとって、知識も実力もおぼつかないその状況が悔しくて、涙したのを覚えています…m(__)m



それから定期的にレッスンに通い、たくさん歌い、たくさん弾き、たくさん書き、たくさん解き…を続けて約半年、楽典の調判定(メロディを見て調を当てる。例えるなら、特産物を見て県を当てるような感じ、でしょうか。)の問題を解いている時、自分の中に驚きの変化が起こったのです…!!



(つづく)


Vivo Music School

adress : 千葉県流山市鰭ヶ崎

  mail :vivo_music@outlook.jp

     tel : 04(7151)2689

絶対音感・ソルフェージュレッスン・コンクール対策・コンサート企画も☆

流山のピアノ教室

  • Facebook Social Icon