• vivomusic5

ニガテを克服するための秘訣とは

レッスンでの出来事。



譜読みがニガテな生徒ちゃん📖


この一年、同じ音域の楽曲を沢山こなし、音符カードにも取り組み、少し慣れてきたところで、新しい音域・音型の曲に入りました🎹✨







…がしかし‼️








これがなかなか苦戦🌀🌀🌀



あれやこれやとレッスンの中で工夫しながらやり始めて早2ヶ月、一進一退を繰り返す日々。。



最近書いていただいたお母さんアンケートにも、


家では自分から練習しない、練習時間が少ないとのご指摘が😢



ニガテなものはやはりある程度練習しなければ身につきません。


しかし、


ニガテなものって気持ちが向かないし、つい避けたくなるよね、人間だもの😭




それでもやっぱり前に進むには、なんとかして本人にこの難題を乗り越えてもらいたい😣




そこで思い出したのが、目標をちっちゃくちっちゃくして、目標を自分で決める、ということ🍀




まずは生徒ちゃんに投げかける。



私『この曲両手で仕上げられるようになりたいよね。』


生徒『うん。。』


私『仕上げるにはまずどこが出来るといいかなぁ』


生徒『うーん、、、ここのところ。(メロディを指差す)』


私『うんうん、先生もそう思う。そしたら、メロディ弾けるようにするにはどうしたらいいかなぁ』


生徒『んー、、、歌えるようにする?』


私『そうだね、それはいい方法だね。それじゃあまず練習①をメロディをうたう、②をメロディを弾く、にしようか。メロディが弾けたら次何をやる?』


生徒『うんと、両手の練習!』


私『両手かぁ。いきなり両手だとちょっと大変だから、まず左手だけの練習も加えたらどう?』


生徒『うん、そうする。』


私『そしたら、③が左手を弾く、④が両手を合わせる、にしようか。』


生徒『うん!』


私『じゃあ、今週は何番までだったらできそう?』


生徒『うーん、②かな。』


私『よし!そしたら、②まで頑張って練習してこよう!』




そして今週。




レッスンノートを開くと、なんと④までチェック✅が入っているではないか‼️‼️




私『両手までやってきたの⁉️』


生徒『うん!まだ止まっちゃうけど。』


私『がんばったね‼️そしたら、①から順番にやってってみようか😊』




すると、先週のレッスンよりも明らかにできることが増えている…😭✨✨




両手も、まだたどたどしくはあったけれど、本人が頑張った成果がちゃんと伝わってきました🍀



一緒に考えた手順は決して目新しいものではないけれど、自分で考えたことで、生徒ちゃんの中で腑に落ちたのかなと😌





例えば目の前に、500段の階段があったら、きっと一段も登らずにその道は避けますよね💧


でも、目的地への道中に、ちょこちょこと2〜3段の段差がある分には、きっと無意識にだって登っちゃう。




目標達成までの道筋が見え、自分で目標を設定することで、少しずつニガテを克服していく一歩を踏み出せた生徒ちゃん。



今週の目標もまた一緒に決め、これを出来る様にするには週何回くらい練習できそう?


と聞くと、


毎日‼️と意気揚々と答えるので💦


毎日、ホントに出来る💦❓


と一応確認すると、


うん‼️と元気な返事が。


あまりハードルを上げたくはなかったけれど、まずは本人のやる気を尊重しようと、レッスンノートに書き書き✏️


どこまでやってこれるか、今週の成長もまた楽しみです😊🍀



6回の閲覧

Vivo Music School

adress : 千葉県流山市鰭ヶ崎

  mail :vivo_music@outlook.jp

     tel : 04(7151)2689

絶対音感・ソルフェージュレッスン・コンクール対策・コンサート企画も☆

流山のピアノ教室

  • Facebook Social Icon