• vivomusic5

子どもにとって最も大切なこと



日曜日は、当教室主催『保護者向け選択理論講座』の最終回でした👏



今回はこれまでの3回の内容を復習しながら、事例も含めてわかりやすく且つ内容の濃いご講義をいただきました📝🍀



毎度ながら、全ては語り尽くせませんが、

親が子どもに育む最も大切なこと、それは



『自己愛を育む』



自己愛とは、自分は価値ある人間だ、自分は自分でいいんだ、と思える心💗



私たち大人は、自分のこれまでの経験から、無意識に自分の解釈で「正しい」ことを決めています☝️



子どもに対しては、大切だからこそ、自分が思う正しい方へ導いてあげたいと一生懸命になってしまう😣



でも、それって本当に「正しい」ことなのか。



自分の思う正しさを、子どもに押し付けてはいないか。



正しい方へ導こうと、子どもを否定していないか。




例えば、




公園へ行くのに、

子どもは歩いて行きたいと言う。

でも大人は、車の方が早く着くし、沢山遊べるよと言う。

それでも子どもは、歩いて行きたいと駄々をこねる。

それでも大人は、帰りは疲れて絶対歩かないからと、車で連れて行く。




表向きは、ただの駄々っ子ちゃんに見えるかもしれない。でももしかしたら、



公園に行く途中の、道端のお花を摘みたかったのかもしれない🌷



通り道の家のワンちゃんを見たかったのかもしれない🐕



憧れの消防車を歩いてじっくり見たかったのかもしれない🚒





子どもが求めているものはなんなのか、

なぜそれをするのか、

なぜそれをしないのか。





相手を否定し自分を押し付ける前に、

まずは受け入れ、対話を通して相手の真意を知り、その上で"支援"する。




そうした中で子どもは、自分は愛されている事を学びます☺️

そして、自分の足で立ち、自分の意思で進むべき道を決められるようになります🍀

それを、最も関係の近い家族が認め、支えるとこで、自分に自信を持って人生を歩んでいく事が出来るのです🌈






今回は保護者向けということで、子供との関わり方がメインでしたが、選択理論心理学は、全ての人間関係に対して精通するものですし、実際学んでみて、自分自身の生き方にもとてもプラスの効果が感じられました😊




私自身、今回の講座の内容をレッスンや子育てに活かしつつ、勉強を

続けていきたいなと思います🌻




中村孝治先生、ありがとうございました‼️

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示