• vivomusic5

子どもに思いを伝えるには

ピアノを教えている母としては、

我が子にもピアノを好きになってもらって弾けるようにさせたい🎹💓



しかーし‼️



ピアノの先生あるある。で、


ピアノの先生は自分の子には教えられない😭

なんでかって、1番の理由は


子どもが「お母さん」と「先生」を分けられない🙅‍


お母さんも、「子ども」と「生徒」を切り替えられない🙅‍♀️


自分の子どもには厳しくなってバトルが起こるというのもよく聞く話💦💦



鬼の形相の母と、泣きながら弾く我が子…



自分はそれだけは嫌だなと思って、無理強いはしないでやっているつもりですが、、



今朝の出来事。



保育園に行く前にピアノの部屋へ🎹


いつものごとく、ピアノには興味を示さない娘😐


じゃあ何か好きな曲を弾いてあげようと思ったのですが、、


母『何聴きたい❓』


子『んー、雪だるまの英語の歌‼️』


母『・・・雪だるまの英語の歌💧❓』


子『うん‼️』


(膝の上に乗ってくる)


母『・・・お母さん、わかんないんだけどどんな歌だっけ😅❓』


子『んー、、、雪だるまだよぉ〜😩』


母『アナ雪の❓これ❓(雪だるまつくろうを弾いてみる)』


子『ちーがーうー😩‼️‼️』


母『じゃあこれ❓(ありのままでを弾いてみる)』


子『ちーがーうー‼️‼️‼️(怒って泣き出す)』


母『・・・』


分からなすぎて、最近娘がハマってたモアナの曲を弾いてみる🏝


子『ちがう‼️‼️‼️‼️バシッ(手をピアノからはじかれる)』


泣きながら怒る娘。


イライラする母。。。


母『じゃあもういいよ‼️』


と娘を強制的に膝から床に下ろすと、さらに泣き喚き、、


なんだかイライラと悲しさでつい、

『お母さんは大好きなピアノを弾きたいだけなのに、なんで泣くのよ❗』


と言ってしまいました…😰


それで泣き止むわけもなく、ピアノの前で座り込んで泣き続ける我が子。。。


ちょっとした事だったのにイライラしてしまった自分に、


私、なんでイライラしたのかな


って問いかけたら、

ふと子どもを自分の思い通りにコントロールしようとしていた事に気がついて。


子どもをギュッと抱きしめて

『怒ってごめんね。お母さん、Aちゃんと楽しくピアノ弾きたかったんだ。』

と気持ちを伝えると、すっと泣き止み


『Aちゃんがピアノ弾いてあげる❗️』


となんと自らピアノ椅子へ😭


弾けてる、とは言えないレベルですが、自分で選んだ曲を3回弾いてくれました✨😭✨



イライラしちゃう時って、つい

「どうして(あなたは)〜なの!!」


と言ってしまいがちですが、

そんな時こそ、イライラの根源を考えて、


「お母さんは〜だよ」

と、"お母さん自身の気持ち"を子どもに伝える事が大切なんだと、実体験で感じました🍀



毎日いろんな事が起こって、上手くいかないことも多いけれど、子どもとのこういう小さな思いのやりとりを、大切にしていきたいなと思った朝でした🌞




16回の閲覧

Vivo Music School

adress : 千葉県流山市鰭ヶ崎

  mail :vivo_music@outlook.jp

     tel : 04(7151)2689

絶対音感・ソルフェージュレッスン・コンクール対策・コンサート企画も☆

流山のピアノ教室

  • Facebook Social Icon