• vivomusic5

子どものやる気を引き出す魔法の言葉



『うちの子全然練習しないんです。』


我が子にピアノを習わせるお家の、一番多いお悩みかもしれません😭


わかりますよ〜


何を隠そう、幼少期の自分も練習はキライでした😂笑


『練習しなさい!』

『練習しないなら辞めさせるよ!』


言っちゃいかんと思いつつも、つい言ってしまうこのフレーズ🌀


子どももね、ピアノが嫌いなわけじゃないんです🎹

ピアノは好き❣️でも練習となると、腰が重い…

だけど、練習しなきゃな〜とは思ってる。

やろうかな〜やらなきゃな〜と思っている時に限って、

『練習しなさい😡!』

て言われる。

『今やろうと思ってたんだよ😤!!』

と反論しながら余計やる気を失う。。。

ピアノに限らずとも、この展開、よくありますよね😅

書きながら、自分の過去を思い出す…💧

『〜しなさい!』

『〜はダメ!』

日常的にこうした言葉を浴びていると、

やって欲しい気持ちと反比例するように、

やる気はどんどん失われてしまいます…

そこで、『しなさい!』に代わってかけて欲しい言葉、それは

『ありがとう。』

最近、お子さんに心から『ありがとう。』と声に出して伝えたのはいつですか?

昔はお茶碗運んでくれるだけで『ありがとう!』だったのに、

知らず知らず、それくらい当たり前でしょ!って、なってませんか?

そりゃしょうがないですよ、子どもだって大きくなるし、実際当たり前のことも多いし、お家の人だって忙しいし!

わかります、分かりますとも😭‼️

でも、少しだけ、ほんの少しだけ、

そんな毎日を見つめ直してみて欲しいのです。

産まれたときは、元気でいるだけで『ありがとう』だった我が子。

こんなこともできるようになった、

あんなこともできるようになった、

今じゃ当たり前のようにやってくれていること。

忘れていた『ありがとう』

思っているだけで伝えてなかった『ありがとう』

きっと一つや二つ、あるはずです。


『練習しなさい!』

の前に、まずその『ありがとう』を伝えてほしい🌱

子どもは、

急に何?って思うかもしれない。

すぐに行動が変わるわけでもない。

でも、『ありがとう』って

言われて嬉しくない人はいないんです🍀

それに、不思議と『ありがとう』って言う方も、心が満たされていくんですね😌

子どもの中に『ありがとう』貯金が貯まっていけば、

子どもはその貯金を何かに使おうと思う日がきます。

その日を信じて、

『ありがとう』を言葉に出して

待ってあげましょう🌈

今日も読んでくださって

ありがとうございました🍀

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示