• vivomusic5

練習を「もっとやりたい!」と言わせる秘訣とは?!


ピアノ習いたてのお子さん、

練習で親御さんのサポートが必要な年齢のお子さんで一番大変なのは、、




そう、、




毎日の練習〜〜〜〜〜




ですよね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)




我が子もピアノを習わせているため(親が先生になるのは早々に諦めました(°▽°))

その苦労、わかりますとも。。。




年齢も小さいし、小手先も不器用で、練習に向き合わせるのも一苦労。

でもせっかく習わせてるんだから、

宿題出されてるんだから、




練習させなきゃ!

出来るようにしてかなきゃ!




と一生懸命になるあまり、




練習しなさい!!

そこ違うでしょ!!

集中しなさい!!

頑張りなさい!!




気づけば鬼の形相で練習させてることも…なんて話もよく耳にします👂




かたや遊びになると親が言わなくても勝手にやり、ものすごい集中力。。。




この二つの違い、何から生まれると思いますか?




そう、それは




楽しいか、楽しくないか。




練習は基本、出来ないことをできるようにする作業だから、子供にとっては一苦労どころか十苦労くらい大変な事❗️




それに向き合う事自体すでに相当頑張っているのです‼️




なのに練習したらしたで、

出来てないとか、もっと頑張れとか、お母さんのイライラが飛んできたりとか、、




そんなの、楽しくないですよね😢

お母さんだって、子どもに音楽を楽しんでもらいたくて始めたのに、練習させるのにイライラドッカーン🤯🤯🤯‼️してたら悲しいです💔




じゃあどうするか❓




それは、




お母さんお父さんも、練習を楽しんじゃうんです✨✨




それが出来ないから困ってるって❓❓

本当に、そうですか❓❓




例えば、一緒にゲームをしている時、子どもが間違えたり出来なかった時、本気で怒りますか❓




そんな事ないですよね☺️

笑いながら、ふざけながら、子どもと関わっているのではないでしょうか🍀




子どもはお母さんの笑ってる顔が大好きです😊

そして、自分の好きなものに興味を持ってくれることを喜びます💗

それから、ちょっとしたことが大人の100倍くらい面白おかしく感じるんです🤣



これらを掛け合わせて、例えば、




大好きなお人形が一緒にピアノに向かい、応援してくれる🧸❤️


ピアノの椅子までかけっこ競争💨💨💨


子どものピアノに合わせて踊ってみる🎵


間違えたら笑いながら大袈裟にリアクションしてみる(ズコー😆❣️)


出来た時はめっちゃ喜ぶ👏✨✨(ハイターッチ🙌‼️)


弾いた数だけ大好きなシールを貼っていく🦖🦕


トランプで赤が出たら子供が弾く、黒が出たらお母さんが弾く(ドキドキワクワク💓)


クイズ形式で覚えたことを復習(正解は…⁉️⁉️ピンポンピンポーン🙆‍♀️⭕️)




書き出せばキリがありませんね😂

イライラしちゃったら、まずお母さんが思いっきりふざけちゃってください😁

意外と歌ったり体を動かすとイライラが半減したりしますし、子どもに「もういっかいやるー😆‼️」なんて言わせたらしめたものです✌️✨✨




そしてなにより、子どもの笑顔を見るのが親にとっては一番幸せですよね☺️🍀




他にもポイントはありますが、

まずは、必死になって練習させる事ではなく、お子さんが好きなことを一番知っているお母さんお父さんが、

子どもと一緒に楽しめる方法を一工夫してみてくださいね🌷


それが、親御さんが練習に付き合う最大のメリットです☺️🍀




ちなみに写真は、先日娘のとある練習用に作成したペネロペちゃんです✨✨

我ながら上出来😆(←自画自賛。笑)

55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示